これで良いのか悪いのか色々思いついた事を書いてます。おじさんの独り言&日記&趣味レビューです。(link free)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G_.jpg
去年のグットデザインエキスポ2008です。

グットデザイン賞ってご存知ですか?
商品によく G をかたどったマークが付いていますよね。
誰もが見かけているアレです。

厳正な審査で毎年決められているもので、
そのグットデザイン賞の応募が今年も始まっています。

このグットデザイン賞。
有名メーカーばかりが競うと思ってる方が,殆どと思いますが、
大学のデザイン部とか一般、私の様な零細企業でも参加できます。

実は私も2008年グットデザイン・中小企業庁長官賞を受賞しました。
(ウソの様なホントの話)

その経験を今回書いてみます。

初めに応募数ですが、
全応募が3000件ぐらいらしく
書類審査で2000件ぐらいが次の現物審査に出る事が出来ます。
その中でその年のグットデザイン賞が1000件ぐらい選ばれて、
またその中からグットデザイン賞の特別賞が毎年70件ぐらいが選ばれます。

費用もリーズナブルです。
最初の一次審査が   1万円ぐらい
      二次審査が 12万円ぐらい (審査費含む)
      特別賞で   1万5千円ぐらい だったと思います。

意外と安いですよね。
これで3日で4万人は来るグットデザインエキスポにも
もれなく参加できるんですから。

何事も経験です。自分でこの商品は良いと思えたなら
チャレンジするしかないっす!
現物審査までなら結構門が広いんじゃないですか?

とりあえず一次審査は書類審査なのですが、 
項目が多く結構大変です。 (くじけそうになりました・・)
何日も分けて少しずつ埋めて行きました。
Webで申し込みます。

グッドデザイン2009申し込み

その時、現物の写真が必要です。
これが私の場合、後々大きな問題になっていくのですが。
出来るだけ写真屋さんで撮ってもらいましょう。  (汗

1次審査が通過するとその写真が、
有名メーカーのプロカメラマンの写真と並べて表示されますから、
へんな写真だとかっこ悪いです。
(もろ私です。携帯の写真で済ましてしまいました・・。恥ずかしい~。)

グットデザイン賞って大きい賞なので一次審査で落ちると思って
手を抜いてると私の様になってしまいますよ。  (笑

disk1.jpg
(よくこんな写真送った物です。知らぬが仏とはこの事・・・。)

これが弊社オリジナル「 プロッティー 」 です。
(興味をもたれた方はクリックお願いします。)

そして1次審査が通過すると二次審査なのですが

これが現物審査です。その時に自分のブースを持つことになるのですが
これが通常 1m*1m の台でそこに照明が付いたパッケージAを申し込みました。
これが12万円ぐらい。
すべてセットになっていて殆どこれで間に合います。
pa2.jpg
私もコレです。

CA39.jpg
そして実際の展示。こんな感じで照明も付いてる。


そして展示品の会場への搬送なのですが、
地方の方には搬入と設置を代行してくれるサービスが用意されています。
このサービスを利用すれば上京するのがグットデザインエキスポ当日だけになるので
非常~に、私の様な少人数零細企業には、ありがたいサービスです。
(上京って・・・今時)

Image1.jpg
展示作業中のレアな画像です。特別に頂きました。
まだ他が未展示なのがいい、思い出の貴重な写真。




場所は東京ビックサイトです。

CAbs_20090518131535.jpg
感想は、「でかっ。」


そしてこの綺麗に整った二次審査会場を一般の方にも公開します。
それがグットデザインエキスポで、別途費用は要りません。

3日で4万人ぐらいお客さんが来てくれますので、
このグットデザインエキスポの為に
参加している企業さんも多いんじゃないでしょうか。
見本市としても結構な規模で盛り上がりもGOOD。


  つづく
スポンサーサイト

【2009/05/18 15:50】 | グッドデザイン賞体験記
トラックバック(0) |
G2_c.jpg

前回に続いてグッドデザインエキスポ2008の様子を
書いてみたいと思います。

私自身、初めてのオリジナル商品ですので、無論この様な展示会も初めてです。
そりゃもう、どのように展示すればいいか悩みました。

何しろ会場の並びは隣の「メルコ」さんをはじめ有名大手メーカーばかり。
正面はなんと「ソニー」さん、プレッシャーがかからない訳が有りません。

SONY_c_20090525200247.jpg
天下の「SONY」さすがの集客力でした。

過去に一度でもグッドデザインエキスポに行った事が有ればよかったのですが
全くありません。(エキスポ知らなかったです。 汗、、、)
情報不足にもほどがある・・。

なんか、場違いなんじゃないかって不安でした。
お客さん、見てくれるのかなって。
そんな時ってろくな事考えませんよね。 
(向かう途中、もう帰りたい気分・・・。)

同行した友人に途中、
私   「なんとも不安やね。」
友人  「なんとも思わんけど」
私   「そうか。」
なぜか友人の楽観的な言葉で癒される私。 (笑

世界のソニーと零細のウチが同じ様に並んでるって、どんなシュチエーション?
こんなの有り得ないですよね。笑うを通り越して顔がひきつります。
(しかし、それがグットデザイン賞の魅力と後で分かりましたが・・。)

そして会場の説明には、
グッドデザインエキスポは、あくまで審査会場の公開だからなのでしょうか、
展示台には商品以外のものを置かないとの注意が・・。
(審査が紛らわしくなるのでこの様な説明なのでしょうか?)

CIMG0008_c.jpg
しかし説明書きだけは添えてみました。
ちなみにアクリルパネルはロフトで購入。
しつこい様ですがコレが弊社 「プロッティー」 



tenji3_c.jpg
予想外に皆さん立ち止まってくれます。心の底からほっとしました。
なんなんだこの安堵感。(来てよかった・・。)




  それでは会場の様子を少し載せて見ます。



PASO_c.jpg
ウチと同じくアクリルパネルでさりげなく説明のノートPC。


USB_c.jpg
製品のみの展示。本当はこの形が正解。でもエキスポはちょっと寂しいかな。
(USBメモリー?)




MEISI_c.jpg
かと思えばちやっかり名刺入れまで置いていた展示も有った。



SITA_c.jpg
展示台が省かれていたものも有った。審査費のみで後は購入しなかったのだろうか?




SITA2_c_20090526070438.jpg
更に地面に直接置かれていた例、どうしたらこうなるのか?
せっかく申し込んだのにもったい無い。すべて海外からの出品でした。





YUNNB_c.jpg
建機などの大きいものも現物での審査対象



KOUENN_c.jpg
もっと大きい公園なんかはパネルで。グットデザインの審査対象は広い。



KAIJYOU2_c.jpg
綺麗に並んだ会場



KAIJYOU_c.jpg
真ん中の二人組みの女の子が、「カワイイね」って手に取って見てくれてた。
こういうの凄くうれしいです。ありがとう!





そして雨にもかかわらず 大盛況で終わったグッドデザインエキスポ2008。
一生の思い出になる猛烈に充実した3日間でした。

やれやれ無事終わったと思いきや、なんと運命のいたずらが・・・。
まだ続きます






【2009/05/25 21:01】 | グッドデザイン賞体験記
トラックバック(0) |


ほてほて
すごく面白いドキュメントですね。
はやく続きが読みたいです!
よろしくお願いします!


Protty
リクエストしてもらって恐縮です。


コメントを閉じる▲
HYOUSYOU2_c_20090607151929.jpg

前回の続きです。

グットデザインエキスポも終わって、
「楽しかったな~。いい経験が出来た。」
と同時にやっと終わった。とほっとしていたのですが、

ある時 デザイン振興会から電話が・・。

振興会 「御社はどこかの会社の子会社となるのでしょうか?」
私    「いいえ。普通の会社です。」
振興会  「分かりました。有り難うございました」
私     「・・・。」

なんなんだろう。
もしかして特別賞?

そして おめでとうございます。の内定メールが・・。

なんと 中小企業長官賞 貰えました。

グットデザイン賞に詳しい得意先の社長に電話。
「そっ、それは凄い。」
「デザインのプロ・アマに関わらず みんな狙ってる賞だよ。」
「凄い、凄い、」

凄いのかと思いながらまだ実感が無い私。
なにしろ初めてのオリジナル商品、初めてのグットデザイン賞参加ですから。
私なんか貰って申し訳ないような気持ちになります。

その後すぐ GOOD DESIGN EXHIBITION 2008 が東京ミッドタウンで
行なわれ 特別賞受賞商品を2ヶ月程度展示してくれます。

TENNJI_c.jpg
グッドデザインエキシビジョンは展示スペースが限られている為、
アクリル製の専用台を作りました。勿論デザインから製作まで自作。
(デザイン的に一つボツが出てこれが2作目。)



その後は約1ヶ月後に大賞選出と同じ会場で他の各賞の表彰式が
行なわれます。

それで もう一度東京へ。
朝一番のN700系のぞみで出発。


NOZOMI_c_20090607140712.jpg
エキスポの時と違ってこんな写真も撮ってる少し余裕の有る私。
ちなみにN700系は2007年度グッドデザイン賞金賞を受賞しています。
(オレにふさわしいじゃないかと一人で勝手に喜ぶ。)


そして東京ミッドタウンへ行く。
とりあえずグッドデザインエキシビジョンへ。


TENJI4_c_20090607141954.jpg
おっ。品良く展示されてる。
(展示台、妥協せずに作り直した甲斐があった~。なんかカッコいい!)


場所を確認した後に時間が有るので
近くの六本木ヒルズなんかをうろうろ。


HILZU_c_20090607142456.jpg
これが 有名な六本木ヒルズか、
展望台高いな~。うーむ展望台の値段も高けーな。
昇るのやめとこ。(セコッ)



そして審査会場に。
凄い人だ。入り口で社名の入った花を貰う

これってTOYOYAやHONDAの人と同じものだな
と思って 一人で思わず笑ってしまう。


IMG_0448_c.jpg
ソニーさんの次はトヨタさんと同じ物ですか・・・。ひえ~っ。
(もう、どうにでもなれと居直る。)


そして大賞のプレゼンが始まる 何処も
日本を代表する会社 力が入っている。
(流石だと関心する。)

その後、受賞者・審査委員で投票します。(私も)
前もって入り口で貰った投票カードでするのですが、
ココが殆ど知られていない部分なんでしょうね。
グットデザイン賞はお金で取引されているとか噂する人もいます。
しかし、
参加者の私が証明出来ますよ。
厳正な審査で選ばれてます。(キッパリ)
だから審査に少し時間掛かります。(トホホ)

只、会場でのプレゼンも影響大と思いますので
どんでん返しなんかも有るでしょうね。
(又、このプレゼンが良いんだ これがね~。
会社上げてって感じが伝わる。)


IQ_c_20090607143305.jpg
HONDA_c_20090607143211.jpg
2008年はTOYOTA 「IQ」 と HONDA「FCXクラリティ 」と決選投票になりました。
大賞はTOYOTA 「IQ」。(小差でした)




そして隣のB会場で表彰状を貰うスペースが準備されているのですが
並んでいると、アナウンスが

「特別賞に選ばれた方は着席をお願い致します。」

えっ、A会場なのか、金賞だけの大舞台かと思っていた。
慌てて戻り、前に行くと私の名前が書かれた椅子が。
なんか凄い。 ( 座っていいの?ここ )

とりあえず座って、順番を待つ。
その後 舞台に。(良く分からないまま誘導される)

おっ、立ち位置が有る。(記憶はここまで)

そこで表彰されたのですが。
予想外で余り覚えてないんですよね。
頭が真っ白ってやつですか、これが・・・。

HYOU_c2.jpg
会場の雰囲気ももっと実感すればよかった。あ~もったいない。
(表彰されている私です。1番上の写真は左から3番目が私です。)


そしてB会場に戻り グットデザイン賞の賞状を貰う。

グットデザイン賞とグットデザイン中小企業長官賞(特別賞)は別なんですね
最後に分かりました・・。情けない。(賞状2枚もらえる)
IMG_0447_c.jpg
左が特別賞、右がグッドデザイン賞です。
ちなみに特別賞はその年の日本のデザイン70選に入り世界に配信されます
(せっ、世界ですか・・。)


IMG_0450_c.jpg
更に特別賞はトロフィーまで貰える。
末代までの誉れです・・・。ありがたや、ありがたや。
(職人さんの手作りトロフィーとのことです。)




報道の人も沢山来てました。
しかし・・・この日は2008年11月6日。
リーマン破綻した時期だったんですよね。
この日も株価が乱高下しててね・・・・。
そのニュースでかき消されてしまいました。
(リ、リーマン・・おまえな~もう2ヶ月頑張れよな~。コノヤロ~。)

それでも、
ネットでプロッティーを通販していますが、
グットデザイン賞にリンク貰う と凄く SEO効果あるんですね。

通販ページもすべての検索エンジンでTOPにきます。
(なぜが会社のページまで圏外から上位に表示されてる。)

グットデザインのような優良サイトにリンクされると
検索エンジンの評価が上がるらしいですね。
(知らなかった~。)

最後に2008年度イヤーブックに記載されます。

IMG_0454_c.jpg
結構分厚い本で、1万部ぐらい発行されるみたいです。


IMG_0451_c.jpg
特別賞なので1ページ使ってくれてる。
審査ユニット長の村田智明先生のコメントが嬉しい。(画像をクリック)



なんか 初めての経験でフラフラになりましたけど
グットデザイン賞には感謝しています。

良い物を ストレートに評価してくれる賞。
そこにはなんのしがらみも無く。

そんな賞だから50年以上もの歴史があるんだと実感しました。

あなたもどうですか。
試作でも良いと思いますよ。
グットデザイン賞で、

ものづくりを楽しんでみませんか・・・。





おわり。

(最後まで読んで下さってありがとうございました。)












【2009/06/08 15:26】 | グッドデザイン賞体験記
トラックバック(0) |


ほてほて
面白かったー!
まるで自分が当事者のようで
ドキドキしました。
リアルな記事を有難うございました。

…ちなみに
こんなことお聞きするのは失礼ですが
栄誉の他に経済的な効果はどうだったので
しょうか?
当方、零細企業の経営者なので
すぐに無粋な事を考えてしまいます。

もし可能なら後日談もアップ
お願いします!!

ほてほてさん
protty
そうですか経営されているんですね。
販売の方ですが正直、苦戦しています。
グッドデザイン賞をもらってもこの結果は
私の怠慢です。後日談アップ出来る様な
環境になる様に頑張ってみます。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。