これで良いのか悪いのか色々思いついた事を書いてます。おじさんの独り言&日記&趣味レビューです。(link free)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

zan.jpg

トヨタは23日以降に受注した「プリウス」について、納車が来年4月以降になることを24日、明らかにした。
これにより、来年3月末までのエコカー補助金の対象外となってしまうようだ。

分かり切っていた事ですが、ついに現実が見えてきました。
個人的には、プリウスは薄利の商品でお得感が強く、
一時的には落ちても、次世代の主流で有る事には変化がなく
人気は持続する。いや持続すればいいな。
いや持続して下さいと願うばかりです。

と言いますのもこれだけではなく、政府の緊急融資や
雇用助成など経済対策が誘い水にならず期限と同時に失速する最悪の
状態が少しづつ見えて来たような感じがするからです。

政府の緊急融資などを運転資金に回して
雇用を支えた会社が、更なる荷物を持つ形になってしまっている例が
出て来ています。

ご存知の通り、今回の世界不況は従来のそれとは違い、

ピンチはチャンス的な経営手法は危険です。

政府の財政出動をまるで光ファイバーのキャンペーンの様にずっと続けなければ
成立しない可能性が出て来ています。

将来、少子化で、生産力も落ちているであろう未来の消費税はどのくらいに
なるのでしょうか。

高い消費税、高い福祉を言う政党もあるかもしれませんが、
代表例であるノルウェーなどは油田を持っているのを忘れてはなりません。
又、スウェーデンは軍需産業が輸出が大きく、社会保障費に当てています。
(というか、税金が高くて普通の企業や資産家は海外に逃げています。)

それにしても、これからが本当の試練の時かもしれません。
(自民党、わざと下野するんじゃないの?)





CM DVDケース買うよりも一度プロッティーをお試し下さい。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

【2009/07/26 07:30】 | 経済
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。