FC2ブログ
これで良いのか悪いのか色々思いついた事を書いてます。おじさんの独り言&日記&趣味レビューです。(link free)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kamei.jpg
本音で「中小零細を守る」は疑問だがやるべきモラトリアム


亀井大臣のモラトリアムが具体化していている。
今まで渋っていた銀行も受け入れ範囲と容認に変わってきた。

「中小零細を守る」となんとなく恩着せがましく聞こえなく無いが
一部ではモラトリアムを睨んで融資基準がかえって厳しくなっていると聞く。

前倒しで貸し渋りが出てきている。

倒産時には金融機関に公的資金も入いると言えば銀行も態度を変えて
当たり前だと思うが、なんでも国が補償する悪用が出てくるから
審査基準は末端まで恩恵が受けられるものになるかは疑問です。

私は亀井大臣がモラトリアムを押す本当の理由は
「中小零細を守る」は対外的な表紙で
日本版サブプライムの防止と銀行の不良資産を隠す事が
目的では無いかと思ってます。
(でないとこの人熱過ぎる)

以前から2009年秋以降から住宅の競売が激増すると言われてます。
(特に愛知県が深刻らしい)

いずれにしても個人の不良資産が激増すると面倒です。
銀行は自己資本比率を守る為貸さない。不景気で設備しないので企業も借りない。
バランスシート不況論ってやつが加速します。

個人的な意見ですが、日本国の信用を失ってでも
今は赤字国債に頼るしかないんじゃないでしょうか。
(でも通貨下落のインフレが多分くる)

人に例えると血圧が急に下がってるみたいです。
電気ショックやるしかないです。
(今時ボーナス払いで安易に買ってる方も反省は要りますが・・・)

日本の住宅ローンは米国と違って残債放棄できません。
悲惨さは米国以上です。(米国は家を手放せば残債は免除されます)

中小零細にとってモラトリアムの是非はやってみないと判りません。

でも個人と金融システムを守るには待った無しではないでしょうか・・。






CM DVDケース買うよりも一度プロッティーをお試し下さい。

〇 本日の太陽黒点数  無し
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/13 19:14】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。