FC2ブログ
これで良いのか悪いのか色々思いついた事を書いてます。おじさんの独り言&日記&趣味レビューです。(link free)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKOMU.jpg
ノンバンク一人勝ちだったのですが・・


消費不況の中、消費者金融のピンチが続いています。
今、借金してまで消費する時じゃ無いですよね。
本当は消費者金融まで行かなくても将来に渡って
借金継続の約束される、自動車ローンとか住宅ローンの増大が
信用創造を膨らませ景気に繋がるのですがまだまだの様です。

皆さんもお気付きと思いますが、少し消費者金融も少し流れ変わってますよね。

過払い利息返還のCMの事です。

中身は分かりませんが結構な市場になってます。
CMの金額だけでも相当です、見ない日は有りません。
消費者金融のCMは減り、それから利を取る弁護士事務所が活況の様です。

ざっくりの情報ですが利息の法律では
利息制限法=15~20%、
一定の条件を満たせば(グレーゾーン金利)
出資法=29.2%までの
2種類があって多くの消費者金融は出資法で貸し付けていたみたいです。

グレーゾーン金利無効が判例(平成18年)で出ましたから
それ行け~って弁護士事務所が出てきてるのでしょう。

弁護報酬を取った、残金を依頼者に渡すシステムでは、取りっ逸れもなく、
確実に儲かる市場になっています。まるで宝の山。埋蔵金です。

ここで国税庁の登場ですが、
「過払利息返還ビジネス」で恩恵を受けた弁護士事務所から
9割近い申告漏れが発表されています。

ホント儲けまくっているみたいです。

でもこんな事は公的な弁護で戻してあげる仕組みが必要では
無いでしょうか? (ボランテイアとまで行かなくても)

多く費用の掛かるTV広告も弁護士費用も
元を正せば必至で返済した大事なお金です。

「戻って来るお金」では無く「盗られてるお金」で有る事を考えると
なにも弁護士にあげる必要も有りません。

結局、一般国民は損してる事に変わり無いじゃないか!

政府!友愛、言うならちゃんと指導しろ。






CM DVDケース買うよりも一度プロッティーをお試し下さい。

〇 本日の太陽黒点数  15


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/07 09:14】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。