これで良いのか悪いのか色々思いついた事を書いてます。おじさんの独り言&日記&趣味レビューです。(link free)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

toto.png
こんな画像しか・・・ごめん。




もう2年近くになるでしょうか・・・。

肛門(もろ穴の部分)が痒いんです。

初めは夏だったので汗でタダレたのかなと・・。

しかし冬でも痒い・・。

オロナインから始まり、痔の軟膏を買ったりもしましたが、

治らない・・・。

で肛門科に行く事にしました。

とりあえずウォシュレットで綺麗にしました。

これは歯医者に行く前の歯磨きと同じで、

マナーと思ったからです。

(待ってる間でも2回、トイレでウォシュレットの徹底ぶり)

そして診察。

「ベットでお尻を出してエビになって下さい。」

(これほどの服従のポーズがあるだろうか・・)

そして、いきなり指を・・。

うっ、なっ中じゃないんですけど。。 (と言うが、先生無視。)

そしてカメラを同じく突っ込む。

「はいこっちを見て下さいね~」

(エビになりながら首だけモニター、位置は足元だ、キツイぞ)

「これが中でこれが外ね」   (出し入れしながら)

だからなに・・・・。     (心の中で)

「ただれてるでしょ、ホラここ」 (先生だけ見ればいいのに)

はい (納得しないと終わりそうもない)

そんなこんなで診察が終わって。

衝撃的なお話。

「あのね~清潔にし過ぎたらだめですよ」

はぁ・・。

「ウォシュレットは2秒以内 拭きすぎないで」 (2秒っすか)

「ちょっと汚れてるぐらいでもいいんですから」 (まじすか)

「唐辛子やめてね~ 刺激物とりすぎ」 (当たってる)

刺激物大好きの私は唖然としましたが、 

今までよかれと思って居た事を全て変えれば、

出された軟膏を塗らなくてもピタリと止まりました。

刺激物の悪影響も去ることながら、

日本の大発明うウォシュレットを否定されたのは愕然です。

人間も動物。 綺麗すぎるとよくない。

どんな発明も人間らしいアバウトの部分は残さないとダメなんですね。

(開発時にTOTOも肛門科に相談に行ったのだろうか・・)

あっ、 最後に。

「中と外の写真お渡ししますね」と先生。

ドアップの写真を頂ました。

・・・・・。(いらね~)

最後まで想定外な肛門科初体験でした。











CM DVD・ブルーレイにもプロッティー!

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【2012/08/05 08:08】 | 雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。